みんなのお薬箱

みんなのお薬箱

全国の調剤薬局でデッドストックとなってしまった医薬品のマッチングサイト

みんなのお薬箱は、全国の調剤薬局で年間200億円を超えるデッドストックとなった医薬品の売買ができるマッチングサービス。

みんなのお薬箱スクリーンショット

※2019年12月末現在

みんなのお薬箱で経営コスト削減の最大化

余った医薬品の在庫を売りたい薬局様と、医薬品を安く買いたい薬局様をマッチング。デッドストックとなった在庫の廃棄を最小限に抑えることで経営コストの削減を図ります。

みんなのお薬箱で経営コスト削減の最大化

平均流通金額は5,000万円/月
2年で1.4倍に成長

みんなのお薬箱の月間平均流通額は5,000万円にも上り、2年で約1.4倍に成長。ご利用いただいた薬局様からも高評価をいただいております。

みんなのお薬箱で経営コスト削減の最大化

FEATUREみんなのお薬箱について
みんなのお薬箱を活用したデッドストックの売却方法とその流れや、そのほかのプランをご紹介します。

売却方法と流れ

売却方法は価格設定が自由な「自己出品」手続きが簡単な「買取」の2つのパターンから
お好きな売却方法をお選びいただけます。

  • 自己出品
  • 買取

自己出品

薬局様ご自身で、みんなのお薬箱へ出品手続きを行っていただきます。
手間はかかりますが、手数料が安く済むのが特徴です。

自己出品
自己出品

買取

当社指定の委託業者が査定し、買取る方法です。
デッドストックとなった医薬品は箱に入れるだけ。
売りたい時に、お電話いただければ運送業者が集荷に伺います。

自己出品
買取
グループ企業・薬剤師会向けプラン

グループ企業・薬剤師会向けプラン

同一企業内・同一薬剤師会内の薬局間で在庫状況を共有することができます。
グループ内での売買(移動)については、特別な手数料となるプランをご用意しております。

  • グループ内の店舗で在庫が無くなった場合、余剰のある店舗に「通知」が出ます。
  • グループ間移動できなかった医薬品は「みんなのお薬箱」で出品し、売却します。
  • グループ間の移動の場合も、譲渡書・譲受書が自動で出力できます。

共同購入サービス(交渉代行サービス)

多くの加盟店様に参加いただくことで仕入れボリュームを生かし、各卸業者様に価格交渉の代行を行います。卸会社様にとっては、多くの店舗へ配送する機会が増えることにより、配送の効率化を図ることで、物流コストを削減できるよう、両社にメリットのあるような取り組みを2019年より開始いたしました。

『e薬Link』対応の他社電子お薬手帳も確認可能

SERVICEサービス

CONTACTお問い合わせ
弊社サービス及びその他のお問い合わせにつきましてはこちらからお願いいたします。

新規導入をご検討の薬局様

弊社サービスについてのご質問や、
新規導入をご検討の薬局様につきましては
下記よりご連絡ください。

弊社サービスをご利用中の薬局様

0570-064-589

(薬局様向けサポートセンター 24時間受付)※年中無休