生活に密着した様々な施設やシチュエーションで使われ、社会貢献度が高いサービスだと知りました。

EPARK薬局事業部大手営業部 サブマネージャー

Aika O.2014年4月新卒入社

「便利なサービスなのにあまり知られてない」というポイントが魅力

飲食店でEPARKのサービスを知り興味を持ったのが最初です。就職活動で企業研究をする中で、当社が生活に密着した様々な施設やシチュエーションで使われ、社会貢献度が高いサービスだと知りました。そして「便利なサービスなのにあまり知られてない」というポイントが魅力で、今後事業が大きく展開する時に自分も携わっていたいと思ったんです。営業という職種を選んだのは、EPARKの進化に貢献できる人材になることを考えたときに、まず現場を知っていることが糧になると考えたからです。

全国の営業部の中で粗利トップに導くこともできました。

大手の安定感とベンチャー感が融合し、安心しながら刺激的な環境で仕事ができるところが魅力です。入社1年目の自分に営業所の立ち上げという他の企業では到底できない経験をさせてくれ、全国の営業部の中で粗利トップに導くこともできました。入社してまだ2年も経っていませんが、たくさんの嬉しいこと・悔しいことをここで経験し、EPARKと一緒に自分も成長してきたと感じています。忙しさは人一倍、成長スピードは二倍、そんな環境ですね。ルールが確立された中で動くよりも模索しながら自分で作っていきたい人や、型にとらわれない考え方ができる人はきっと活躍できると思います。

仕事上、気を付けている事は処方便の契約の更新をもらうことです。契約満了のタイミングでの提案ではなく日頃から担当企業様の悩みや問題点、今後目指しているビジョンのヒアリングを細かく行うこと、又最適なタイミングで最適なサービスの提案ということを常に意識しています。そのことで契約頂いている商材だけでの費用対効果ではなく今後EPARKという会社と付き合うことでの費用対効果を提案することでき継続率がUPしました。

EPARKを多くの人に知っていただき、利用していただくために自分が貢献できることは何か

入社前に比べて違う点は考える力が付いたことだと思います。わからないものをわからないままにせずあらゆる手段を使ってインプットする癖がつきました。また上司からの指示やクライアントからの要望に対して意図を読み取り考えることで結果を出すまでの過程に無駄がなくなりパフォーマンスも向上しました。

数値面でいうと、CRMとして解約率0%です。ソフト面でいうとクライアントに一番近い存在として、求められているものを適切なタイミングで提案でき、末永くお付き合いしたいと思われる存在を目指しています。また、さらなる事業拡大のためには最適な人材を育てることが重要なので、ゆくゆくは人事・教育の方面に進みたいと考えています。EPARKを多くの人に知っていただき、利用していただくために自分が貢献できることは何か考え取り組んでいきたいです。

採用情報