「他の人だと紹介しない、君だから紹介するんだよ」と言われた時は格別な気持ちになりました。

EPARK薬局事業部大手営業部 サブマネージャー

Hiroki O.2014年11月入社

「年功序列ではなく頑張りは給料にしっかり反映してくれる」ということを企業に求める条件

人と接するのが好きで、自分を試したい気持ちがあったので営業職を探していたのですが、採用サイトをチェックし始めて、1日目に見つけたのがEPARKでした。EPARKを見つけてからは、もうEPARKしか考えてなかったですね(笑)。「年功序列ではなく頑張りは給料にしっかり反映してくれる」ということを企業に求める条件にしていたので、まさに条件通りの会社でした。また、実は自分も利用しているネット予約サービスを提供しているのがEPARKだと知り、親近感がわきました。今後ますます普及していくサービスですし、広めていきたいと思ったので応募することに決めました。

現在の業務は、薬局を運営している企業様に対し課題解決のために当社のシステムを使ったご提案をすることですが、薬局とITは結びつきやすいものではありません。だからこそ、いかにリレーションを築きこの人の言うことなら…と思って頂けるかを大事にしています。まったくの他人である0の状態から、長く付き合える関係を築けるというのは営業の難しさであり、面白さでもありますね。自分が担当で良かったと思って頂きたいですし、必ずクライアントのメリットがあるようにと考えています。先日は長野・岩手のクライアントから企業様を4社ご紹介いただきました。「他の人だと紹介しない、君だから紹介するんだよ」と言われた時は格別な気持ちになりました。自分を信頼してくださり、こうして紹介の輪が広がっていくことに大きな醍醐味を感じています。

伝えるという事は、お客様と向き合うということ!お客様の笑顔、喜びの声が乗り越える力になりました。

一番の苦労といえば、お客様にどうすれば自分の伝えたい事が伝わるかどうか。それは営業していく中で話し方、話す姿勢の重要性に気づき、それらを実行し、成功する事ができました。つまり、伝えるという事は、お客様と向き合うということ!お客様の笑顔、喜びの声が乗り越える力になりました。日々苦労はたくさんありますが、お客様様との関係性が良く、仕事の結果も良ければ苦労は乗り越えられます。

営業力とコミュニケーション能力。営業未経験でこの会社に入り、うまくやっていけるか不安しかありませんでした。逆に未経験なのが良かったのではと今では思います。なぜなら、もうやるしかないからと思い、人一倍の努力に努めました。仕事を終え、帰宅後に仕事をするのが良い事ではないかもしれませんが、入社後は我武者羅だった為、苦とも感じずに、最初はテレアポ、営業トークのロープレを重ねました。そのおかげで営業にもすぐに行く事ができ、入社初月から数字を上げる事の喜びを体験する事ができました。その喜びを重ねる事が私をより一層成長させてくれていると思います。

人の為に の仕事をし自分自身も大きくなっていく事が理想です。

もちろん仕事をしていくうえで目指す物は大きく持ちたい!役職の降格も経験しましたが、さらに上の役職をという願望は強く持っています。自分の為に ではなく、人の為に の仕事をし自分自身も大きくなっていく事が理想です。将来は起業も視野に日々無駄のない時間過ごしていきたいと思っています。

始業開始までにその日やる事を明確化・・・寝坊をしては良いスタートを切れない。朝はきちんと起きて、朝食はきちんと取る!会社には余裕持って入り、その日の業務を確認し、スケジューリングする事。そして日々目標を掲げる。それが達成できたのか、できなかった場合はなぜできなかったのかを考え、同じミスを繰り返さないようにする。そして何よりも大切に考えているのは、お客様の事を第一に考える という事。会社都合、自分都合の提案はいっさいしない。それが100%良いかどうかなんてわかりません。しかし、お客様に迷惑を掛けてしまう、不快な想いをさせてしまう、ウソをついてしまう、これらに決して良い事なんかないと思っています。

採用情報